最高の商業オフィスの配色は何ですか?

あなたのオフィスの色は、それをポップにするだけではありません!あなたの状態の陰影計画はあなたのイメージを補うだけでなく、労働者の収益性、インスピレーション、そして全般的な心の状態に大きな影響を与えます。これらのパターンを考慮して、今後長い間オフィスの状態を特徴付けてください。

ウルトラバイオレット:PantoneのColor of The Yearで発表する-ウルトラバイオレット。紫の神聖な色合いについて考えて、それは強烈で、驚くべきものであり、どんな部屋にも確実性と活力の感情をもたらします。あなたの空間が公平であるか素晴らしいかに関係なく、このシェードは、あらゆるシェーディング計画に対応するのに十分な柔軟性があり、強調部分の品揃えで利用することができます。

通常のトーン:通常の世界の一部を最先端の組み立てられた状態に結合する発展的なパターンであるバイオフィナンシャルプランでは、豊かで自然なトーンがオフィススペースのブレンドで見つかることは予想外ではありません。一般的なミッシュマッシュにグリーンを含めると、1日の間、労働者が従事し、効果的になり続けることができる、安心できる状況を作ることができます。クールなブルーとマッチしたやや黄褐色と暗い色は、くつろぎのモダンな環境を作るのに大いに役立ちます。

繊細なパステル:個人や団体は、陰影のパターンと同様に、中程度の生活様式をとっています!砂色のピンクやパールダークに似た基本的な静かな色は、協力して再生と開発を進める最先端の静かな状態を作り出します。

Dark is Back:多くは内部構造に暗闇を利用することを避けてきましたが、完全に暗い部屋は回復しつつあります。シェーディングは、さまざまなアイテム、例、および材料と快適に一致するという事実に照らして、絶対に必要であると見なされます。床から屋根まで、暗闇はあらゆる作業環境を滑らかで熟練した優勢に見せることができます。

強烈な色から近視眼の色合いまで、今年度のパターンは、収益性を改善し、心の状態をアップグレードしながら、あなたの連想を際立たせます!コマーシャルオフィス環境では、新しい斜めの色の一部だけでなく、画像に合った色を追加することはできません。仕切りにふりかけるか、テクスチャと仕切りカバーの決定に見事な増分を含める必要があるかどうかに関係なく、例、マテリアル、特にシェーディングを通して、あなたの種類のいずれかをミラーリングすることが不可欠です。

色は私たち一人一人に影響を与えます。彼らは(潜在的に)各人の感情と感情を伝えます。組織やメーカーが商品やショップの正しい色を見つけるために巨額の現金を費やしているのは大きな驚きではありません。これを行うことにより、クライアントはこれらのショップに長く留まることが保証され、さらに重要なことに、購入することができます。同様に、正しいオフィスシェーディング思考と効果的に選択されたオフィスペイントカラーは、地球を「歓迎し、刺激し、活気づける」のに役立ちます。したがって、これは効率を高め、取引を引き上げるのに役立ちます。

作曲、編集、電話の受取り、録音などの特定のオフィスペイントの色が日常的なオフィスの雇用に与える影響に関する多くの研究が行われています。同様に、選ばれたオフィスの陰影の考えが労働者の繁栄、効率、実行、および履行に与える影響を調べるための調査も行われています。これらの試験のすべての目標は、特に限られたオフィススペース内で専門家の繁栄と実行を改善できる最高のオフィスペイントの色と計画を見つけることです。各調査は、労働者の気質と選ばれたオフィスの陰影の考えの間の関係を実証しています。

マスタークリエーターとシェーディングセラピストから、正しいオフィスペイントの色を選ぶためのヒントをいくつか紹介します。

ビジネスを考慮してください。ニュートラルカラープランは本物の組織に最適です。述べられているように、職場の部屋の住民も同様に、彼らの性格に応じて職場の塗装色を決定します。スタイルのレイアウトに活力の感覚を伝えたい場合は、黄色、オレンジなどの暖かくて生き生きとした色を選び、それらが圧倒的でないことを考慮してください。風水シェーディングの専門家は、ほとんどの場合、職場の黄色の明るい色合いを提案します。これらは、発明性や情報関連の問題に役立つからです。静かな影響のために、専門家は青緑などの色合いを提案します。プランナーや作家などが利用する職場では、黄色、オレンジ、赤などの色合いを選ぶことができます。専門家にとって、静かな日焼け、日焼け、灰色の活用は、精神を揺さぶり、さらに凝視を助けます。青や緑のような涼しい色は、法律顧問、簿記係などのような動揺する雇用に考えられています。これらの支援が解きほぐし、静かに生き返るからです。

部屋のアクセシビリティを考慮する小さなオフィススペースの場合、特に大きな部屋のファンタジーを作るのに役立つので、特に屋根には白、ベージュなどのオフィスペイントの色を選ぶことができます。一方、暗い色は部屋がますます小さくなり快適になるため、巨大なオフィスルームに最適です。

シェーディングの没入に焦点を当てるアンジェラ・ライトのようなカラーセラピストは、単にシェーディング自体とは対照的に、シェーディングの没入を心配しています。これは、シェーディングの力が、色合い自体ではなく、労働者の実行と行動に大部分影響する要因であることを意味します。これらの線に沿って、ソリッドで素晴らしいシェーディングが元気になり、より低い液浸でより明るいシェーディングが落ち着きます。

この広告を報告する

現在、アンジェラ・ライトが推奨する信じられないほどのオフィスシェーディングの考えと、それが私たちをどのように揺らすかを研究しましょう。

ブルーは心を元気づけます。アンジェラ・ライトは、ブックキーパーや多くの心の仕事をする必要があるさまざまな専門家が関与する職場にブルーを活用することを推奨しています。いずれにせよ、アンジェラは同様に、青をオレンジの振りかけと併用して、心の仕事のバランスを取り、スタイルに感覚のタッチを追加することを提案しています。

黄色は感情を活性化します–この理想主義的な陰影は、魂のように良心を活気づけるので、完璧なオフィスペイントの色になります。革新性が必要なファッショナラーやさまざまな地域に最適です。

緑はバランスを保つために、特に現金が時折手に変わる場合、オフィスの陰影付けに緑を使用します。緑は平等、静寂、慰めをもたらします。

ボディレッドの赤の効果は、体質とアップグレードを示します。これは、RECセンター、臨時労働者や開発者が顧客と仕事をしたり会ったりする職場、および社会的またはloな環境が必要なさまざまなスペースに最適です。

オフィスの塗装色を選ぶときに思い出すべき重要な焦点

オフベースのオフィスペイントカラーはありません。それはあなたがそれらを使用する手段です。

影響する色が必要な部分を選択してください:心/体/バランス/感情。

特定の色合いを選択し、その後、どの程度の例外的または謙虚な浸漬が必要かを選択します。

色は隔離された状態では存在しません。異なる色に囲まれている場合に最適に機能します。

これらは、労働者の精神をサポートし、取引を改善できる、最高のオフィスペイントの色とオフィスシェーディングの考え方です。

Saikō no shōgyō ofisu no haishoku wa nanidesu ka? Anata no ofisu no iro wa, sore o poppu ni suru dakede wa arimasen! Anata no jōtai no in’ei keikaku wa anata no imēji o oginau dakedenaku, rōdō-sha no shūeki-sei, insupirēshon, soshite zenpan-tekina kokoro no jōtai ni ōkina eikyō o ataemasu. Korera no patān o kōryo shite, kongo nagaiai ofisu no jōtai o tokuchōdzukete kudasai. Urutorabaioretto: Pantone no Color of The Year de happyō suru – urutorabaioretto. Murasaki no shinseina iroai ni tsuite kangaete, sore wa kyōretsude, odorokubeki monodeari, don’na heya ni mo kakujitsu-sei to katsuryoku no kanjō o motarashimasu. Anata no kūkan ga kōheidearu ka subarashī ka ni kankei naku, kono shēdo wa, arayuru shēdingu keikaku ni taiō suru no ni jūbun’na jūnansei ga ari, kyōchō bubun no shina soroe de riyō suru koto ga dekimasu. Tsūjō no tōn: Tsūjō no sekai no ichibu o saisentan no kumitate rareta jōtai ni ketsugō suru hatten-tekina patāndearu baiofinansharupurande wa, yutakade shizen’na tōn ga ofisusupēsu no burendo de mitsukaru koto wa yosō-gaide wa arimasen. Ippantekina misshumasshu ni gurīn o fukumeru to, 1-nichi no ma, rōdō-sha ga jūji shi, kōka-teki ni nari tsudzukeru koto ga dekiru, anshin dekiru jōkyō o tsukuru koto ga dekimasu. Kūruna burū to matchi shita yaya kōkasshoku to kurai iro wa, kutsurogi no modan’na kankyō o tsukuru no ni ōini yakudachimasu. Sensaina pasuteru: Kojin ya dantai wa, in’ei no patān to dōyō ni,-chū-teido no seikatsu yōshiki o totte imasu! Suna-iro no pinku ya pārudāku ni nita kihon-tekina shizukana iro wa, kyōryoku shite saisei to kaihatsu o susumeru saisentan no shizukana jōtai o tsukuridashimasu. Dāku is bakku: Ōku wa naibu kōzō ni kurayami o riyō suru koto o sakete kimashitaga, kanzen ni kurai heya wa kaifuku shitsutsu arimasu. Shēdingu wa, samazamana aitemu, rei, oyobi zairyō to kaiteki ni itchi suru to iu jijitsu ni terashite, zettai ni hitsuyōdearu to minasa remasu. Yuka kara yane made, kurayami wa arayuru sagyō kankyō o namerakade jukuren shita yūsei ni miseru koto ga dekimasu. Kyōretsuna iro kara kinshigan no iroai made, kon’nendo no patān wa, shūeki-sei o kaizen shi, kokoro no jōtai o appugurēdo shinagara, anata no rensō o kiwadata semasu! Komāsharuofisu kankyōde wa, atarashī naname no iro no ichibu dakedenaku, gazō ni atta iro o tsuika suru koto wa dekimasen. Shikiri ni furikakeru ka, tekusucha to shikiri kabā no kettei ni migotona zōbun o fukumeru hitsuyō ga aru ka dō ka ni kankei naku, rei, materiaru, tokuni shēdingu o tōshite, anata no shurui no izureka o mirāringu suru koto ga fukaketsudesu. Iro wa watashitachi hitorihitori ni eikyō o ataemasu. Karera wa (senzai-teki ni) kakujin no kanjō to kanjō o tsutaemasu. Soshiki ya mēkā ga shōhin ya shoppu no tadashī iro o mitsukeru tame ni kyogaku no genkin o tsuiyashite iru no wa ōkina odorokide wa arimasen. Kore o okonau koto ni yori, kuraianto wa korera no shoppu ni nagaku tomaru koto ga hoshō sa re, sarani jūyōna koto ni, kōnyū suru koto ga dekimasu. Dōyō ni, tadashī ofisushēdingu shikō to kōka-teki ni sentaku sa reta ofisupeintokarā wa, chikyū o `kangei shi, shigeki shi, kakkidzukeru’ no ni yakudachimasu. Shitagatte, koreha kōritsu o takame, torihiki o hikiageru no ni yakudachimasu. Sakkyoku, henshū, denwa no uketori, rokuon nado no tokutei no ofisupeinto no iro ga nichijō-tekina ofisu no koyō ni ataeru eikyō ni kansuru ōku no kenkyū ga okonawa rete imasu. Dōyō ni, eraba reta ofisu no in’ei no kangae ga rōdō-sha no han’ei, kōritsu, jikkō, oyobi rikō ni ataeru eikyō o shiraberu tame no chōsa mo okonawa rete imasu. Korera no shiken no subete no mokuhyō wa, tokuni kagira reta ofisusupēsu-nai de senmonka no han’ei to jikkō o kaizen dekiru saikō no ofisupeinto no iro to keikaku o mitsukeru kotodesu. Kaku chōsa wa, rōdō-sha no katagi to eraba reta ofisu no in’ei no kangae no ma no kankei o jisshō shite imasu. Masutākuriētā to shēdinguserapisuto kara, tadashī ofisu peinto no iro o erabu tame no hinto o ikutsu ka shōkai shimasu. Bijinesu o kōryo shite kudasai. Nyūtorarukarāpuran wa honmono no soshiki ni saitekidesu. Nobe rarete iru yō ni, shokuba no heya no jūmin mo dōyō ni, karera no seikaku ni ōjite shokuba no tosō-iro o kettei shimasu. Sutairu no reiauto ni katsuryoku no kankaku o tsutaetai baai wa, kiiro, orenji nado no atatakakute ikiikitoshita-iro o erabi, sorera ga attōtekidenai koto o kōryo shite kudasai. Fūsui shēdingu no senmonka wa, hotondo no baai, shokuba no kiiro no akarui iroai o teian shimasu. Korera wa, hatsumei-sei ya jōhō kanren no mondai ni yakudatsukaradesu. Shizukana eikyō no tame ni, senmonka wa aomidori nado no iroai o teian shimasu. Puran’nā ya sakka nado ga riyō suru shokubade wa, kiiro, orenji, aka nado no iroai o erabu koto ga dekimasu. Senmonka ni totte, shizukana hiyake, hiyake, haiiro no katsuyō wa, seishin o yusaburi, sarani gyōshi o tasukemasu. Ao ya midori no yōna suzushī iro wa, hōritsu komon, boki-gakari nado no yōna dōyō suru koyō ni kangae rarete imasu. Korera no shien ga tokihogushi, shizuka ni ikikaerukaradesu.

Heya no akuseshibiriti o kōryo suru chīsana ofisusupēsu no baai, tokuni ōkina heya no fantajī o tsukuru no ni yakudatsu node, tokuni yane ni wa shiro, bēju nado no ofisupeinto no iro o erabu koto ga dekimasu. Ippō, kurai iro wa heya ga masumasu chīsaku nari kaiteki ni naru tame, kyodaina ofisurūmu ni saitekidesu. Shēdingu no botsunyū ni shōten o ateru anjera raito no yōna karāserapisuto wa, tan’ni shēdingu jitai to wa taishō-teki ni, shēdingu no botsunyū o shinpai shite imasu. Kore wa, shēdingu no chikara ga, iroai jitaide wa naku, rōdō-sha no jikkō to kōdō ni daibubun eikyō suru yōindearu koto o imi shimasu. Korera no sen ni sotte, soriddo de subarashī shēdingu ga genki ni nari, yori hikui ekishin de yori akarui shēdingu ga ochitsukimasu. Kono kōkoku o hōkoku suru genzai, anjera raito ga suishō suru shinjirarenai hodo no ofisushēdingu no kangae to, sore ga watashitachi o dono yō ni yurasu ka o kenkyū shimashou. Burū wa kokoro o genkidzukemasu. Anjera raito wa, bukkukīpā ya ōku no kokoro no shigoto o suruhitsuyōgāru samazamana senmonka ga kan’yo suru shokuba ni burū o katsuyō suru koto o suishō shite imasu. Izure ni seyo, anjera wa dōyō ni, ao o orenjino furikake to heiyō shite, kokoro no shigoto no baransu o tori, sutairu ni kankaku no tatchi o tsuika suru koto o teian shite imasu. Kiiro wa kanjō o kassei-ka shimasu – kono risō shugi-tekina in’ei wa, tamashī no yō ni ryōshin o kakkidzukerunode, kanpekina ofisu peinto no iro ni narimasu. Kakushin-sei ga hitsuyōna fasshonarā ya samazamana chiiki ni saitekidesu. Midori wa baransu o tamotsu tame ni, tokuni genkin ga tokiori te ni kawaru baai, ofisu no in’ei-tsuke ni midori o shiyō shimasu. Midori wa byōdō, shijima, nagusame o motarashimasu. Bodi reddo no aka no kōka wa, taishitsu to appugurēdo o shimeshimasu. Kore wa, rekku sentā, rinji rōdō-sha ya kaihatsu-sha ga kokyaku to shigoto o shi tari attari suru shokuba, oyobi shakai-teki matawa lona kankyō ga hitsuyōna samazamana supēsu ni saitekidesu. Ofisu no tosō-iro o erabu toki ni omoidasubeki jūyōna shōten ofubēsu no ofisupeintokarā wa arimasen. Sore wa anata ga sorera o shiyō suru shudandesu. Eikyō suru iro ga hitsuyōna bubun o sentaku shite kudasai: Kokoro/ karada/ baransu/ kanjō. Tokutei no iroai o sentaku shi, sonogo, dono teido no reigai-teki matawa kenkyona shinshi ga hitsuyō ka o sentaku shimasu. Iro wa kakuri sa reta jōtaide wa sonzai shimasen. Kotonaru iro ni kakoma rete iru baai ni saiteki ni kinō shimasu. Korera wa, rōdō-sha no seishin o sapōto shi, torihiki o kaizen dekiru, saikō no ofisupeinto no iro to ofisushēdingu no kangaekatadesu.